リュウプランニング公式ブログ

任意売却

因みに私はリュウプランニングブログ担当ではありません。営業部門に所属しています。今回、自分なりにお客様がリュウプランニングを上手に利用して資金提供を受けられる様、ご説明したくブログを書かせて頂きたいと志願しました。

本日は、「明日はわが身」とも感じる、競売についてお話をしたいと思います。日本は景気が悪いと言われ続けて、もう何年になるでしょうか。ここ最近では、政治家の不正支出が騒ぎになっています。また、増税をしておきながら、公務員の給料を上げるという不思議な動きを行政はしています。

バブル時代の様になることは無いと思いますが、「景気が良くなった!」と言うときが早く来るように政治家の方達には、私腹を肥やすことだけなく日本の景気向上に向けて頑張って欲しいものです。

さて、雇用問題に目を向けてみるとシャープが最大で7,000人のリストラ、パナソニックの液晶テレビ事業撤退による人員問題、東芝の早期退職に3449人応募など、大手企業が大規模な人件費削減に取り組んでいるのは、皆様もテレビやネットでご存知かと思います。また、大手企業の不正により、下請け会社が破産申請をしたこともニュースになっていました。更に先週はEU離脱と言うビックニュースがありましたね。ますます不景気になるのではと心配されている方も多々、いらっしゃるかと思います。

誰もが知る大手企業でも一つのミスによる経営悪化や、経営不振による解雇があります。ニュースでは出てこない中小企業ではどれほどの数があるのでしょうか。

ここ数年間の動きで見てみると、アベノミクス失敗により、円安倒産が増えました。これは、2015年の話ですが、経営難に陥っている中小企業が30万社、そのうち5万~6万社が倒産予備軍とされていました。仮に、1社当たり2人の従業員がいたとしても、5万社が倒産するとなると、10万人の人が職を失うことになります。更に、職を失った方のなかには、住宅ローンを抱えられている方や、その他の支払いが残っている方もいらっしゃると思います。

数千万円もする夢のマイホーム。この様な金額を現金決済される方はそういないと思います。私を含め、大半の方は住宅ローンを利用されているかと思います。これからの明るい生活を潰してしまうのが、雇用問題です。お勤めの方では無く、社長業をされている方も、取引先の倒産や、不渡り、などの問題もあります。住宅ローンの返済が滞ってしまったり、税金の支払いが出来ない状況が続いてしまうと、債権者から「差押」をされます。銀行や税務署は、滞った返済を待ってはくれません。

また、ご所有されている不動産に「差押」の登記がされると、勝手な処分・売却等が出来なくなってしまいます。但し、支払いを怠っている債権者へ支払いをすることにより、この差押は解除することが可能です。不動産が競売実行されると、市場の半分の価格で売られることが多くあります。そのため、不動産売却価格よりも債務が多い場合は、負債が残ります。競売にかかり、半強制的に退去させられ、更にその後に債務が残るという事態は避けるべきです。この様な事態を回避し、債務ゼロ 尚且つ 手元資金を残すことは一番良い選択肢です。

㈱リュウプランニングでは、ご所有されている不動産が競売実行を回避出来るように、ご融資をさせて頂きます。ご融資させて頂く際の審査基準については不動産評価を重要視させて頂きます。しかし、不動産価値を見出せなくても、お客様の経緯や現在の内容によってはご融資可能です。誰しも、失敗せずに順風満帆に生きている人は少ないはずです。過去の失敗でくよくよせずに、今を乗り切って、今後の生活に弾みを付けていこうとしている方を応援致します。

差押の登記をしている債権者の大半は、銀行関係、税務署や役所などです。これらの差押を消すためには、債権者との交渉・打ち合わせが必須です。このやり取りは、リュウプランニングも協力して行います。

また、「任意売却」という方法も忘れてはいけません。任意売却とは、銀行など債権者との話し合いを行い、合意を得たのちに売却手続きをすることです。差押の登記や、競売実行がかかる前に、任意売却を検討されることが最良の選択かと思います。任意売却の良いところは、不動産の売却価格が競売よりも高いことが多いことです。(物件や経済状況により異なることがあります)また、競売の場合は、引越し代などの費用が出ないのに対し、任意売却の場合は買主との相談で、その後の住居や生活費用の面倒を見てくれます。実は、この引越し費用が出るだけでも、今後の生活がとても楽になります。引越し先や、荷物の量にもよりますが、以外に安くないのが引越し費用です。

当社の融資は、任意売却に関わる不動産担保ローンも得意としています。一般のお客様の場合であれば、不動産業者に売却するまでの繋ぎ資金。また、不動産業者の方であれば、再販までの繋ぎ資金という形が一般的な使い方です。

疑問点など御座いましたら、お気軽にご相談下さい。

関連記事


 

 

お問い合わせ窓口

〒650-0011 兵庫県神戸市中央区
下山手通5丁目12-26兵庫県庁前ビル 8F
電話:078-367-1701
受付時間:平日9:00~1800

神戸市営地下鉄「県庁前駅」西出口3番すぐ正面
JR・阪神元町駅 徒歩6分